段差を利用して空間を仕切る

対面式のキッチンが主流になってきた家のゾーニングプランの中で、リビング・ダイニング・キッチンが
ワンルーム形式になり、用途による空間の境があいまいになりがちである。
1つの大きな空間のなかで、用途別に床のレベルや天井のレベルに変化をもたせることで、
空間の境を“壁で仕切る”ことをせずに、住む人に認識させることができる。

Pocket
LINEで送る

STYLE LABSトップに戻る